むかしがたり

お店で摩訶不思議な注文をする客の正体は?「化け地蔵」

ホーム > 関東地方 > 化け地蔵

化け地蔵 茨城県結城市

  • おもしろふしぎかんこうスポット

一般向け かんじすくなめ こどもむけ

むかしむかし、雨の降る夜、町の豆腐屋にひとりの男がやってきて戸をドンドンと叩きました。
「夜遅くにすまんが、豆腐を一丁売ってくれんか」
そう言うと、男は一本の酒とっくりを差し出して、こう続けたのです。
「このとっくりに豆腐を入れてくれんか」

豆腐屋の主人は笑いながら
「とっくりには豆腐は入らんよ」
と断りましたが、男はそれでも食いさがり、
「いいから、とっくりに入れておくれ」
としつこく頼むのでした。

仕方ないなあと、主人は豆腐をとっくりの口に持って行けば、なんとまあ、豆腐がするっととっくりに滑り込むではないですか。

びっくり驚いた主人。
「不思議なこともあるもんだ。この男は一体何者だろう。ちょっと後をつけてみるか」
そう決めると、主人は店を出て行った男の後ろを、そおっと気付かれないように付いて行きました。
しばらく歩いた男は、寺の境内に入っていきます。

しかし、寺の地蔵さんのところまで来たところで、主人は男を見失ってしまいました。
「…あらら。どこへ消えてしまったんだろう」

酒とっくり

次の日の夜のことです。
今度は町の酒屋でもおかしなことが起きました。
やはり夜更けに訪ねてきた男が、今度はざるを差し出して
「このざるに酒を入れておくれ」

そして同じように酒屋の主人も
「ざるに酒を入れても全部こぼれ落ちてしまうじゃないか」
と言い返したものの、しつこく頼まれたので、酒をざるに注ぎました。
すると、酒はざるから一滴もこぼれ落ちることなく、きっちりざるに入ったのです。

そのあと酒屋の主人も豆腐屋の主人がしたように、店を出た男の後をついて行きました。けれども、どうしたことかやっぱり寺の地蔵さんのあたりで姿を見失ってしまったのです。

朝になり、気がかりな酒屋の主人は、もう一度地蔵さんのあたりへ行ってみました。
ふと地蔵さんの顔を見てみたところ、地蔵さんの口の周りには、豆腐の食べかすが。
「地蔵さんが豆腐を食べなさるか。こりゃびっくりだ。だとしたら、昨日の酒を買いに来た男も地蔵さんだったんじゃろう」

それ以降、この地蔵さんは「化け地蔵」と呼ばれるようになったそうな。

むかしむかし、雨のふるよる、町のとうふやに ひとりの男がやってきて戸をドンドンとたたきました。
「よるおそくにすまんが、とうふを いっちょう売ってくれんか」
そう言うと、男は一本の「さけとっくり」をさし出して、こうつづけたのです。
「このとっくりに とうふを入れてくれんか」

とうふやのしゅじんは わらいながら
「とっくりには とうふは入らんよ」
とことわりましたが、男はそれでも くいさがり、
「いいから、とっくりに入れておくれ」
としつこく たのむのでした。

しかたないなあと、しゅじんはとうふを とっくりの口にもって行けば、なんとまあ、とうふが するっととっくりに すべりこむではないですか。

びっくりおどろいた しゅじん。
「ふしぎなことも あるもんだ。この男はいったい なにものだろう。ちょっとあとを つけてみるか」
そうきめると、しゅじんは店を出て行った男の後ろを、そおっと気づかれないようについて行きました。
しばらくあるいた男は、寺のけいだいに入っていきます。

しかし、寺のじぞうさんのところまで来たところで、しゅじんは男を見うしなってしまいました。
「…あらら。どこへ きえてしまったんだろう」

酒とっくり

つぎの日のよるのことです。
こんどは町のさかやでも おかしなことがおきました。
やはりよふけに たずねてきた男が、こんどは ざるをさし出して
「このざるに さけを入れておくれ」

そして同じように さかやのしゅじんも
「ざるにさけを入れても ぜんぶこぼれおちて しまうじゃないか」
と言いかえしたものの、しつこくたのまれたので、さけをざるに そそぎました。
すると、さけはざるから いってきも こぼれおちることなく、きっちりざるに入ったのです。

そのあとさかやのしゅじんも とうふやのしゅじんがしたように、店を出た男のあとをついて行きました。けれども、どうしたことかやっぱり 寺のじぞうさんのあたりで すがたを見うしなってしまったのです。

あさになり、気がかりな さかやのしゅじんは、もういちど じぞうさんのあたりへ行ってみました。
ふとじぞうさんの かおを見てみたところ、じぞうさんの口のまわりには、とうふのたべかすが。
「じぞうさんが とうふをたべなさるか。こりゃびっくりだ。だとしたら、きのうの さけをかいに来た男も じぞうさんだったんじゃろう」

それいこう、このじぞうさんは「ばけじぞう」とよばれるようになったそうな。

 昔話の舞台へでかけよう

 弘経寺

弘経寺

江戸時代の俳人・画家として有名な与謝蕪村が住み、襖絵を残した寺。境内には化け地蔵も現存しています。


よみ ぐぎょうじ
住所 茨城県結城市結城1591
電話 0296-33-2039
時間 24時間
定休 なし
料金 無料
その他  

より大きな地図で 弘経寺 を表示

画像引用:一般社団法人 茨城県観光物産協会様
(http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000002820)